MENU

【なぜ?わかりやすく】米バイデン大統領がBTSをホワイトハウスに招待!いつ?リーダーのRMがコメント

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
goma

こんにちはgomaです。

今回は、なぜ米バイデン大統領がBTSをホワイトハウスに招待したのか。いつ?内容は?RMがコメントについて書いていこうと思います。
それと、SNSやTwitterの反応もまとめました。

あなたはこの出来事について、どう思われますか?

目次

BTSとは?ホワイトハウスに招待

・BTS (音楽グループ) – 韓国の男性ヒップホップアイドルグループ。漢字:防弾少年団。
・BTS (放送技術規格)(Broadcasters Technical Standard)の略。日本放送協会 (NHK) が制定。

メンバー

JUNGKOOK(ジョングク)(愛称はグク)→韓国釜山出身の歌手、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。BTSのメインボーカル。本名はチョン・ジョングク。

JIMIN(じみん)(愛称はチムチム)→韓国の歌手、ダンサー。本名はパク・ジミン。

JIN(じん)→韓国出身の歌手、シンガーソングライター。BTSの最年長メンバー。本名はキム・ソクジン。父親は大手韓国企業サムスン電子の取引を行う大手企業のCEO

SUGA(しゅが)→韓国の男性ラッパー、作曲家、編曲家、作詞家、音楽プロデューサー。本名はミン・ユンギ。

J-HOPE(じぇい・ほーぷ)(愛称はほび)→韓国出身のダンサー、ラッパー、歌手。本名はチョン・ホソク。BTSのラップ担当。

RM(あーる・えむ)→韓国出身のラッパー、作詞家、歌手、音楽プロデューサー。本名はキム・ナムジュン。

V(ゔい)(愛称はテテ)→韓国の歌手、俳優。本名はキム・テヒョン。

goma

世界で大人気の男性アイドルグループですね。
また、BTSのファンの事をARMY(アーミー)と呼ばれるようです。

なぜ米バイデン大統領がBTSをホワイトハウスに招待したのか。いつ?理由は

今月31日にメンバー7人全員がバイデン大統領と会談予定

BTSは全世界の希望のメッセージを伝える「青年大使」とホワイトハウスへ招かれたようです。

米国では「アジアヘイト」をはじめとした国内での人種差別問題、先日のテキサスでの小学校内で起きた銃乱射事件など深刻な社会の分断が起こっている事から、今回のBTSを招待し、多様性の重要性を醸成する環境作りについての話し合いが目的とされているようです。

goma

リーダーのRMは「ファンにしっかり仕事をしてきます」とコメントを出されていました。

バイデン大統領BTSを招待についてSNSやTwitterの反応をまとめました

goma

SNSやTwitterでも、いろんな意見があがっていますね。

実際に話題になっているコメントを、ピックアップしてみました。
こちらです。

アメリカのマスコミの記事はガンガン出てくるけど韓国静かですね。凄い!けど突然すぎてみんな戸惑ってる。ツアーはどうなるのだろう。

引用:https://twitter.com

保守政権との関係強固と言うこともあるのだろうけど、バイデン政権もコロナや戦争で支持率が下がり、若年層の取り込みに力を入れているのでしょうか。

引用:https://twitter.com

BTSのメンバーは、理由もなく罵声を浴びせられたり、容姿を馬鹿にされたり、アジア人として差別を受けた経験があると明かしています。そういった話もされるんですかね。

引用:https://twitter.com

どんなスピーチをするのか。ナムさんの発言はとてもスマートなので聞いてみたいなと思います。

引用:https://twitter.com

アジア人を差別しない、分断をなくそうというメッセージでしょうね。アメリカの事情はよく知らないけど、アジア人に対する差別がひどくなっているのでしょうか。

引用:https://twitter.com

BTSすごいですね!アイドルグループの域を超えてるのではないでしょうか。

ファンとしては遠くに行ってしまう寂しさもありますが、応援したいです。

空港すごい事になりそうですね。

テレビで放送されるのでしょうか。久しぶりのBTSの姿見たいです。

すごいですね!歴史に残るのではないでしょか。

バイデン大統領BTSを招待まとめ

goma

今回の件はバイデン大統領自身が個人的に招待したもので、海外アーティストのホワイトハウス招待は異例中の異例だそうです。どんな会談になるのか、注目ですね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
下記の記事も、良かったら読んでいってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアしてくれたら感謝します♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる