MENU

【N党・立花孝志】が藤末健三から「中国帰化人が当選したら10億円支払う」!?玄陸(ゲンリン)とは何者?ローランドとの関係は?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
goma

こんにちはgomaです。

今回は、N党・立花孝志が藤末健三から「中国帰化人が当選したら10億円支払う」と言われる。玄陸とは何者?ローランドと関係について書いていこうと思います。
それと、SNSやTwitterの反応もまとめました。

あなたはこの出来事について、どう思われますか?

目次

N党・立花孝志が藤末健三から「中国帰化人が当選したら10億円支払う」と言われる

goma

藤末健三議員がこの件に関してコメントされました。こちらです。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9C%AB%E5%81%A5%E4%B8%89

玄陸(ゲンリン)とは何者?ローランドと関係?

goma

藤末健三議員から紹介されたtという玄陸(ゲンリン)氏とは何者なのかまとめました。
こちらです。

堀池宏は、別名玄陵(ゲンリン)という名で知られている中国生まれの起業家で、慈善活動、画家、動物愛護活動も行われている。
Large Horse International 会社、世界愛犬連盟の創設者。
出生地は中華人民共和国上海

N党・立花孝志、藤末健三から10億円についてSNSやTwitterの反応をまとめました

goma

SNSやTwitterでも、いろんな意見があがっていますね。

実際に話題になっているコメントを、ピックアップしてみました。
こちらです。

N党の立花孝志氏が、「自分は中国人だ」と公言し、中国スパイの疑いが出ていた元中国人の参院選候補の公認を取り消した。「全て私の軽率な判断が原因」。これはまともな判断。

引用:https://twitter.com

手引きをしていたのが、元民主党で今は自民党の国会議員。これは重大な事件です!真実を徹底追及すべきです。

引用:https://twitter.com

立花孝志氏の告発が全て正しいなら、自民、NHK党、れいわに対して中国帰化人が参院選に出馬するために動いたことになる。 まさにサイレントインベージョン。頼むから出馬時の戸籍謄本の開示などを義務化してほしい。

引用:https://twitter.com

藤末健三議員は無実なら法的措置はとるべき。なぜとらないのでしょうか。名誉棄損どころじゃない案件ですよね。

引用:https://twitter.com

中国も自民も維新も、NHK党や立花孝志党首を、利用しようと甘く見てしまいましたね。

結局、自民党に入れると、比例でこういうのが入ってくる

N国立花が録音してないわけがない。「知らない」発言を引き出しておいて、「録音ありまっせ!」と追い込む作戦ではないでしょうか。

何が本当なのか分からないですね。照明してほしいです。

これから選挙って時にいろんな事がおきますね。混乱します。

N党・立花孝志、藤末健三から10億円まとめ

goma

藤末健三議員は否定していましたね。真実はどうなのでしょうか。今後の動きに注目していきます。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
下記の記事も、良かったら読んでいってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアしてくれたら感謝します♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる