MENU

射手座(いて座)Aスターとは?距離や位置は?ブラックホール画像もこちら

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
goma

こんにちはgomaです。

今回は、射手座(いて座)Aスターについて書いていこうと思います。
それと、SNSやTwitterの反応もまとめました。

あなたはこの出来事について、どう思われますか?

¥32,800 (2022/05/12 23:20時点 | Amazon調べ)
目次

射手座(いて座)Aスターとは?

goma

射手座(いて座)Aスターとは一体どんな天体なのでしょうか?

いて座Aスター
太陽系が属する銀河系(天の川銀河)の中心にあり、電波やX線を発する天体になります。

地球といて座Aとの間は、塵とガスによる星間減光が25等級にも及ぶため、可視光による分光観測が難しい。
そのため、観測は主に赤外線、電波、X線で行われている。
いて座Aは、他にはない相対性理論の格好の実験場とも考えられる。
相対性理論が予測する現象と観測との間で相違が発見されるかもしれないし、予測と観測が一致すれば相対性理論を補強する結果となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%A6%E5%BA%A7A*

赤経 (RA, α) 17h 45m 40.03599s
赤緯 (Dec, δ) −29° 0′ 28.1699″
距離 27,100 ± 200 光年
(8,320 ± 70 パーセ)
25,600 ± 500 光年
(7,860 ± 140 パーセク)

射手座(いて座)Aスター、ブラックホール画像

goma

いて座Aスターの画像はこちらです。
とても不思議な画像ですね。
こんな遠いものを撮影できた事が、本当にすごいと思います。

射手座(いて座)AスターのSNSやTwitterの反応をまとめました

いて座Aスター撮影成功、とかむちゃくちゃテンション上がりますね!

引用:https://twitter.com

我等の天の川銀河の中心にあるブラックホール「いて座Aスター」を遂に撮影成功との事でワクワクが止まらない! これを当時数式だけで予測したアインシュタインてやっぱ凄いと思ったw

引用:https://twitter.com

天の川のブラックホールを初撮影? いて座Aスターは、地球から約2万7000光年の距離にあり、太陽の400万倍の質量を持つ。 ………..地球からどれくらいの距離でどれくらいの質量なんだろう、、、 とか無い脳みそ振り絞ってたら眠たくなったので眠ろう

引用:https://twitter.com

これ、地球から約2万7千光年離れているらしいけどどんだけ離れてるの❔いて座Aスターってなんかかっこいい名前だけど、光さえも飲み込んでしまうつわものだからな(光さえ飲み込むってなに)

引用:https://twitter.com

太陽系が含まれる天の川銀河の中心にある「いて座A(エー)*(スター)」と呼ばれるブラックホールの撮影に成功。国立天文台などの国際研究チームが発表。天の川銀河の中心にブラックホールが存在することを初めて視覚的に証明した。天の川銀河が形作られた経緯の解明など期待

引用:https://twitter.com

いて座Aスターと聞いてトップをねらえ!

セーラームーン第5部映画化が発表されたばかりのタイミングでこれは興奮してしまう

天の川銀河の中心いて座Aスターの撮影は熱い

このままもっと宇宙の謎が解明されていくのが楽しみに

響きからかっこいい

射手座(いて座)Aスターまとめ

goma

最後まで読んでくれてありがとうございます。
下記の記事も、良かったら読んでいってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアしてくれたら感謝します♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる